[3404]2021年8月27日号

[3404]2021年8月27日号

通常価格
¥363
販売価格
¥363
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

【特集】
鼎談=小松美彦・市野川容孝・堀江宗正
〈反延命〉主義に対抗する思想と実践のために
小松・市野川・堀江編著 『〈反延命〉主義の時代』(現代書館)刊行を機に
(1)(2)

■対談=樋口恭介×木澤佐登志
<思考の自由を取り戻し、複数の未来を提示する>
『未来は予測するものではなく創造するものである』(筑摩書房)刊行をめぐって(8)

【今週の読物】
◇連載=『生と断絶―ゴダールが語ったこと』(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉山田明著『キャプテン 君は何かができる』(福留舞(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(7)



【今週の書評】
〈3面〉
▽小田龍哉著『ニニフニ』(佐藤弘夫)
▽フイ・ドゥック著『ベトナム:ドイモイと権力』 (坂川直也)
▽與那覇潤著『歴史なき時代に』(河野有理)

〈4面〉
▽ピエール・ビルンボーム著『ヴィシーの教訓』(三浦信孝)
▽楊逸・劉燕子著『「言葉が殺される国」で起きている残酷な真実』(安冨 歩)
▽岩崎航著『震えたのは』(末井 昭)

〈5面〉
▽ルイザ・メイ・オルコット著『仮面の陰に』(山田 文)
▽岡部隆志著『胸底からの思考』(佐藤 泉)
▽ジェローム・K・ジェローム著『骸骨』(下楠昌哉)

〈6面〉
▽内田樹著『街場の芸術論』(阿部公彦)
▽後藤貴浩著『サッカーピラミッドの底辺から』(有元 健)
▽レベッカ・キャシディ著『ギャンブリング害』(猫組長)