[set]2022年上半期パッケージ

[set]2022年上半期パッケージ

通常価格
¥9,000
販売価格
¥9,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

2022年の新年号~7月15日号までの28号分一セットに!
週刊読書人2022年上半期パッケージ

 

各単品購入の場合:合計10786円

上半期パッケージ:9000円で販売
★約5号分お得にご購入できます!

※商品ご購入後、各号がダウンロードできる専用クラウドページのURL情報をダウンロードできるようになります。

=====================

パッケージ収録号 特集一覧

・2021年12月31日号:対談=奥野克巳×近藤祉秋×川地真史<多種とコ・デザインする未来――マルチスピーシーズの社会実装>
・2022年1月7日号:三浦展インタビュー<日本社会の下流化を防ぐ政策を>
・2022年1月14日号:対談=西村賢太×新庄耕<なぜ小説を書いているのか>
・2022年1月21日号:金原ひとみインタビュー<自分を肯定して生きること>
・2022年1月28日号:対談=今野晴貴・廣瀬純<社会全体を巻き込む労働運動>
・2022年2月4日号:宮台真司 読書人カレッジ講座抄録<権威/市場主義化する世界の中で>
・2022年2月11日号:対談=野澤豊一×川瀬慈<終わりなきミュージッキングへ>
・2022年2月18日号:ジャン=リュック・ゴダールインタビュー<私たちが話すことはできない>
・2022年2月25日号:対談=姜信子×山内明美<新たな春へ、無数の「うた」響かせ>
・2022年3月4日号:対談=澤田直・菅谷憲興<想像力の子供が読む神経症としての文学>
・2022年3月11日号:対談=栗原裕一郎×豊﨑由美<追悼=作家・石原慎太郎>
・2022年3月18日号:対談=藤田直哉×杉田俊介<批評(クリティーク)に「今」、何ができるのか?>
・2022年3月25日号:対談=橋爪大三郎×大澤真幸<ロシア軍事侵攻から世界を考える>
・2022年4月1日号:対談=山田弘明・香川知晶<哲学者の生涯と同時代の総合的歴史研究>
・2022年4月8日号:座談=酒井隆史・水嶋一憲・佐藤嘉幸・箱田徹・飯村祥之<マルチチュードの来るべき集合に向けて>
・2022年4月15日号:安田菜津紀インタビュー<豊かな社会のルーツとは何か>
・2022年4月22日号:対談=千葉雅也・小泉義之<現代思想の輝きとアクチュアリティ>
・2022年5月6日号:対談=横尾忠則×穂村弘<原郷・幻堺を非芸術で遊ぶ>
・2022年5月13日号:対談=バーチャル美少女ねむ×井上智洋<荒野が秘める可能性と新世界>
・2022年5月20日号:追悼・青山真治(蓮實重彥氏に聞く/聞き手=伊藤洋司)<真に孤立した映画作家>
・2022年5月27日号:対談=大澤真幸×吉見俊哉<追悼=見田宗介、その先へ>
・2022年6月3日号:緊急寄稿・石原俊<「稼げる大学」法案を問う>
・2022年6月10日号:対談=上野昻志・高澤秀次<映画に寄りそい好きなように語る>
・2022年6月17日号:対談=佐伯啓思×森一郎<戦闘的思想家による「革命」志向の書>
・2022年6月24日号:対談=佐伯一麦×中澤雄大<佐藤泰志が殉じた青春――その無垢と修羅>
・2022年7月1日号:鼎談=安藤 宏×大原 祐治×十重田 裕一<〈偉大なる落伍者〉安吾に迫る網羅的大事典>
・2022年7月8日号:宇野常寛インタビュー<僕たちの自由のための戦い>
・2022年7月15日号:対談=早尾貴紀×小杉亮子<負の遺産として当時を知る>