[3523]2024年1月19日号 データ版

[3523]2024年1月19日号 データ版

通常価格
¥495
販売価格
¥495
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

【特集】
対談=石川義正×郷原佳以
<存在の肯定、生死への想像力>
石川義正著『存在論的中絶』(月曜社)刊行を機に

■特別展「左川ちか 黒衣の明星」(北海道立文学館)開催記念
対談=文月悠光×北山あさひ、寄稿=川村湊
(8)

【今週の読物】
◇連載=「『ファウスト』の絵画空間」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉西加奈子著『ふくわらい』(小林花帆)(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=戯史 平成紀〈一月〉(安倍夜郎)(7)


【今週の書評】
〈3面〉
▽ピーター・フレイズ著『四つの未来』(沖 公祐)
▽亀井大輔・長坂真澄編著『デリダのハイデガー講義を読む』(檜垣立哉)
▽伊藤憲二著『励起 上・下』(早川尚男)

〈4面〉
▽木村光一著『格闘家 アントニオ猪木』(藪耕太郎)
▽松浦寛著『特攻隊員だった父の遺したもの』   (那波泰輔)
▽小川忠著『変容するインドネシア』(森永康平)

〈5面〉
▽山本貴光著『文学のエコロジー』(川村のどか)
▽ブレイディみかこ著『私労働小説 ザ・シット・ジョブ』(大塚真祐子)
▽慶應義塾大学『久保田万太郎と現代』編集委員会編『久保田万太郎と現代』(岡本勝人)
〈6面〉
▽春日武彦著『恐怖の正体』(構 大樹)
▽春日太一著『鬼の筆』(千街晶之)
▽後藤嘉也著『世界を気遣うハイデガー』(白石純太郎)