[BOOK] 映画時評集成 2004-2016

[BOOK] 映画時評集成 2004-2016

通常価格
¥2,079
販売価格
¥2,079
通常価格
¥2,970
売り切れ
単価
あたり 
税込

映画時評集成 2004-2016

著者:伊藤洋司

===================
四六判・526ページ
出 版 社:読書人
ISBN13:978-4-924671-31-7
====================

稀代のシネフィル 伊藤洋司が語る1370本の名作映画!
映画評論家・蓮實重彥氏も推薦!

【目次】
第一部 『週刊読書人』で連載された13年間・全155回の「映画時評」
(言及された映画・人名はそれぞれ1370本、1280人に及ぶ)
第二部 五人の映画作家との七つの対話
・青山真治――『秋聲旅日記』をめぐって
・黒沢清①――『映画術』と『LОFT』をめぐって
・パスカル・フェラン――『レディ・チャタレー』をめぐって
・黒沢清②――追悼テオ・アンゲロプロス
・ギヨーム・ブラック①②――『遭難者』『女っ気なし』『やさしい人』をめぐって
・ペドロ・コスタ――『ホース・マネー』をめぐって
第三部 『週刊読書人』年末特別号「年末回顧」における映画部門評(13年分)
第四部 青山真治監督・伊藤洋司が選ぶ「映画ベスト三〇〇本」 
(青山真治監督との対談【本書のために語りおろし!対談文字数4万2000字!】、それぞれが選んだ「映画ベスト三〇〇」リスト付)

著者プロフィール
伊藤洋司=1969年、東京生まれ。筑波大学附属駒場中学校及び高等学校、東京大学文学部フランス語フランス文学専修課程を経て、同大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。また、フランス高等師範学校研究生及びパリ第3大学(新ソルボンヌ大学)博士課程学生としてパリに留学し、パリ第3大学で博士号取得(アポリネール研究による)。現在、中央大学経済学部教授(映画、フランス文学)。著書(単著)に、Apollinaire et la lettre d’amour(Paris, Editions Connaissances et Savoirs)。共著に、『映画、眼差しと記憶』(中央大学人文科学研究所)、『映像表現の地平』(中央大学出版部)、『フランス文化事典』(丸善出版)など。