[event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)
[event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)
[event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)

[event]森山工×重田園江「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」(来場チケット)

通常価格
¥1,300
販売価格
¥1,300
通常価格
¥1,500
売り切れ
単価
あたり 
税込

<こちらは来場参加チケット販売ページです>

【概要】
森山 工×重田園江 W刊行記念トークイベント
「モースとアーレントを再読する――〈戦争〉の時代に」
12月15日(木)19時開始

 

森山工著『「贈与論」の思想 マルセル・モースと〈混ざりあい〉の倫理』(インスクリプト)、重田園江著『真理の語り手 アーレントとウクライナ戦争』(白水社)刊行をめぐって、それぞれの著者によるトークイベントを開催。

「混ざりあい」を着眼点に、アカデミアの人であり社会活動家でもあったモースの全体像と主著『贈与論』を読み解く――『「贈与論」の思想』。
危機の思想家アーレント視点から、政治/戦争/暴力の背景を探る――『真理の語り手』。

マルセル・モース(1872-1950)と、ハンナ・アーレント(1906- 1975)はともに激動の時代の中で、思索を重ねていった思想家である。彼らの視点を通し、「社会主義」「全体主義」「政治」「戦争」などをキーワードに、社会そのものの〝在り方〟を考える。


【登壇者】
★森山 工(もりやま・たくみ)
東京大学大学院総合文化研究科教授、文化人類学。著者に『贈与と聖物─マルセル・モース「贈与論」とマダガスカルの社会的実践』、『墓を生きる人々─マダガスカル、シハナカにおける社会的実践』、訳書にマルセル・モース『贈与論他二篇』など。
★重田園江(おもだ・そのえ)
明治大学政治経済学部教授、現代思想・政治思想史。著書に『フーコーの穴――統計学と統治の現在』、『連帯の哲学Ⅰ――フランス社会連帯主義』、『ミシェル・フーコー――近代を裏から読む』、『社会契約論――ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』、『統治の抗争史――フーコー講義1978-79』、『隔たりと政治――統治の連帯の思想』、『フーコーの風向き――近代国家の系譜学』など。

【開催要項】
日程:12月15日(木)19時~2030
会場:読書人隣り(千代田区神田神保町1-3-5冨山房ビル6階)

 ※地下鉄神保町駅(半蔵門線、都営三田線・新宿線)A7出口下車

★来場特典として、イベント終了後に動画配信URLを配布!

■オンライン配信参加ご希望のお客様は以下URLよりチケットをご購入ください。■
https://jinnet.dokushojin.com/products/event20221215_online

===========

■注意事項
※こちらの商品は【来場参加チケット】となります※
・ご入場時に受付でお名前をお申しください。
・感染症対策のため会場では常時換気を行います。ご来場時はなるべく温度調整のしやすい格好でご来場ください。
・来場の際、アルコール消毒をお願いいたします。
・会場内では必ずマスクを着用ください。また会場内では極力発声を控えていただきますようお願いいたします。
・イベント開催中、ライブ配信用のカメラを観客席近くに設置します。イベント内で機材の調整など係のものが作業を行うこともありますが、予めご了承ください。

問い合わせ先:読書人・イベント係
npshop@dokushojin.co.jp